【徹底解説】英語の日付表記で年月、曜日、時間の順番はどうなる?

英語の日付表記の解説第2弾!

英語の日付を書くときに、曜日、時間、場所をあわせて書く場合に、何から順番に書くのが正解かについて解説します。

複数の日付の表記方法や、「~日から~日まで」と期間をあらわす日付の表記方法についてもご紹介します。

英語の正式な日付表記と正しい日付の読み方については、こちらの記事をご参照くださいね。

【完全保存版】英語の正式な日付表記はこの3種類!

【徹底解説】英語でカレンダーの日付の数字の読み方はズバリ2種類!

英語の日付表記で曜日と時間はどこに入れる?

曜日は日付の前!

アメリカ式:Monday, March 26, 2018

イギリス式:Monday, 26 March 2018

曜日を入れるときは、「カンマ(,)」をつけて、日付の前に必ず入れます。

時間は、日付(曜日があるときは曜日)の前か後、どちらでも大丈夫です。

例文

アメリカ式

The party will start at 7pm on Monday, March 26, 2018.

パーティーは2018年3月26日月曜日午後7時から始まる。




イギリス式

The party will be held on Monday, 26 March 2018 from 2pm.

パーティーは2018年3月26日月曜日午後2時から行われる。

「曜日」の省略

英語の文法や書式等のマニュアル本『Gregg Reference Manual』や、AP通信社が6か月ごとに更新している英語の大文字の使い方、略記法、スペル、数字などの表記法や語法をまとめたガイドブック『APスタイルブック』によると、英語の日付表記で「曜日」を省略することはしないようです。

ただ、スペースが限られている場合などには、出版業界では、曜日を次のように省略することもあります。

曜日 英語 出版業界の諸略表記 簡略的な表記
日曜日 Sunday Sun. Sun
月曜日 Monday Mon. Mon
火曜日 Tuesday Tues. Tue
水曜日 Wednesday Wed. Wed
木曜日 Thursday Thurs. Thu
金曜日 Friday Fri. Fri
土曜日 Saturday Sat. Sat

ビジネス関連の書類や表やリストなどでは、英語の「曜日」を簡略的な表記に省略することはよくあります。



「年月」だけの英語表記で「May of 2018」は間違い?!

「年月」の表記はこれ!

September 2018

「年月」だけの英語表記のときは、前置詞もなにも使わずに、「月年」の順番で書きます。

「2018年9月に」という場合には、「in September 2018」という表記をします。

よく前置詞「of」を使って、「in September of 2018」と表記する人がいますが間違いなので注意してくださいね。

英語の日付(時間)と場所を書く順番は?

英語表記では「場所+時間」!

日本語では、「時と場所」という表現があるように、「時間」と「場所」を書くときには、「時間」→「場所」の順番で書きますが、英語は、その逆で「場所」→「時間」の順番で書くのが一般的です。

どちらが先か迷ったときは、日本語では「時と場所」。英語では順番が逆になるから「場所」が先!と覚えておきましょう。




例文

The party will be at Tom’s house at 6pm on Monday, March 26, 2018.

パーティーは2018年3月26日月曜日午後6時にトムの家であります。

英語で複数の日付を表記する方法

複数の日付の書き方は、アメリカ式もイギリス式も同じです。

英語で複数の日付を書くときは、「カンマ(,)」でつないで、最後の日の前は「カンマ(,)」ではなく「and」でつなぎます。

【2日間の場合】

連続した日で「同年月」の場合

March 26 and 27, 2018

「同年月」の場合は、一つ目の日付の「年」二つ目の日付の「月」省略できます。

離れている日で「同年」の場合

March 26 and April 4, 2018

「同年」の場合は、一つ目の日付の「年」省略できます。

離れている日

1 January 2001 and 22 February 2002

「年月」が違う場合はすべて書きます。

2日間の場合は、連続した日でも離れた日でも「and」でつなぎます。




【3日間以上の場合】

離れた日で「同年」、2日間が「同月」の場合

March 25, April 6 and 7, 2018

「同年」の場合最後の日付以外の「年」省略できます。「同月」の場合は、二つ目の日付以降の「月」省略できます。

離れた日で最初の2日間が「同年月」の場合

25 and 26 March 2016, and 23 June 2018

「同年月」の2日間のうち、一つ目の日付の「年月」省略できます。

連続した日で「同年月」の場合

March 25 through 27, 2018

※「~のはじめから終わりまで」という意味の前置詞「through」を使って日付を表記します。

例文

The band will be in town on tour on 25 through 27 March 2018.

バンドは2018年3月25日から27日までツアーでこの町にいる。

期間をあらわす英語の日付の表記方法

使うのはこれ!

from ~ to (until) ~(~から~まで)

between ~ and ~(~と~の間に)

英語で「~から~まで」と期間をあらわす日付の書き方は、おなじみの「from~to~」または「from~until~」を使います。

期間をあらわす日付の書き方で、ほかにネイティブがよく使うのは「~と~の間に」という意味の「between~and~」を使った書き方です。

「between~and~」を使った書き方でも、日本語では、「~から~まで」と訳します。




例文

Tom will be in Tokyo on tour for a week from March 20 until March 26, 2018.

Tom will be in Tokyo on tour for a week between 20 and 26 March 2018.

トムは東京にツアーで2018年3月20日から3月26日まで一週間いる。

以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

今後、取り上げて欲しい表現等がありましたら、お問合せフォームからぜひお送りくださいね。

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280