60日で中学英語完全マスター④whatの疑問文と答え方

1日30分で中学英語を完全マスターできるサイトへようこそ!

英語ってどうやって勉強したらいいかわからない。。。

もっと英語ができるようになりたいな。。。

英語は苦手だけどしゃべれるようになりたい。。。

英語はできるようになりたいけど英語の勉強方法がわからない英語初心者はもちろん、

  • 小学生
  • 中学生
  • 中学英語の基礎を復習したい高校生
  • 大学生
  • 社会人

向けに、がっつり無料で中学英語の文法と単語をわかりやすく解説します。





練習問題もつけていますので、理解したあとは、実際に手や口を動かして、書いたり発音したりして定着させられます。

麻布、栄光学園、フェリス、雙葉、早稲田などの有名私立中高一貫校で使われている英語教材プログレス21の内容にあわせて解説していきます。

塾で教えられている内容が無料で受けられるのは、このサイトだけです笑

英語教材プログレスの個別指導で総勢200名以上の生徒の成績をアップさせた実績をもつマミーがだれにでもわかりやすく、英語の勉強方法とあわせてお教えします!

この講座で毎日みなさんにやっていただきたいのは3つだけです。

1.動画をみる。

2.単語をおぼえる。

3.練習問題をやる。

本気で英語を身につけたい人には、マミーの無料採点とアドバイスもぜひ利用してみてくださいね。



中学英語④whatの疑問文と答え方のレッスン動画

まずは動画をみて、文法や単語の発音、意味を確認しましょう。

「what」を使った疑問文の作り方

「what」を使った疑問文の作り方で覚えるポイントはこちらです。

★「what」を使った疑問文の作り方 ➡ What + 疑問文+?

「what」は、「何」という意味の疑問詞です。

「what」を使った疑問文の作り方の手順

1.①主語と動詞の語順を入れかえて、②「?」を文末につけて疑問文を作ります。

平叙文 This is a present. これはプレゼントです。
疑問文 Is this a present? これはプレゼントですか。

2.疑問詞「what」を作った疑問文の最初につけます。

What is this? これはですか。 (What+疑問文+?)
What is that? あれはですか。 (What+疑問文+?)

1.で作った疑問文「Is this a present?」の「a present」を「what」に置きかえるだけなら簡単なんですが、「what」を疑問文の最初にもってくるところがミソです。

形容詞と形容詞の順番の回のレッスン動画の「前回の復習」のところで補足していますが、英語を話す人はとにかくせっかちなので笑、とにかく早く情報がほしいわけです。

「Is this a present?」の「a present」を「what」に置きかえただけの「Is this what?」だと、最後まで聞かないとなにを質問されているのかわからないわけです。

英語を話す人にとっては、最後まできかないとわからないのは耐えられない。

これは「何?」と聞かれるのか、これは「いつ?」と聞かれるのか、これは「どこ?」と聞かれるのか、真っ先に知りたいんですね笑

そんなわけで、英語では、「何?」という意味の疑問詞「what」は疑問文の最初にもってくる必要があります。

この辺の感覚は、日本人にはちょっとわかりにくいですよね。

でも、こういった背景を知っているのといないのとでは、英語の定着度は全然違ってきます。

最後に、疑問詞を使った疑問文の言い方ですが、疑問詞で始まる疑問文は、平叙文と同じように語尾は下がり調子でいいます。



「what」を使った疑問文の答え方

「what」を使った疑問文の答え方で覚えるポイントはこちらです。

★「What is this?」の「this」と「What is that?」の「that」を「it」にして、主語+動詞の語順にする!!

質問 答え
What is this ? これは何ですか。 It is a present. (それは)プレゼントです。
What is that ? あれは何ですか。 It is a towel.  (それは)タオルです。

「this」と「that」も指示代名詞なので代名詞の一つですが、2回目以降に同じものをいうときには人称代名詞「it」を使う必要がありましたね。

「This is」以外は短縮することができます。

短縮形

It is It’s
What is What’s
That is That’s

「This is」は短縮しませんが、理由は簡単で、母音の前の不定冠詞「a」と同じで言いづらいからです笑

また、What is it?の「What is」も、言いづらいのもありますが、「is」は強調するので短縮しません。

「What」の疑問文の「this」「that」「it」の発音の仕方

ポイントレッスン
  • 「this」「that」は強く発音しますが、「it」は弱く発音します。
  • What is this?What is that?では、「this」や「that」を強くいいます。
  • What is it?では「is」を強くいう。




Lesson 2-2の英単語

単語は、紙に10回、面倒くさがらずに笑、発音しながら書いて覚えましょう

英語 発音 日本語
what ットゥ
this これ
that ットゥ あれ
it ットゥ それ
present ズントゥ プレゼント
towel ウアル タオル
from ~ ~から
nice イス すてきな
Thank you. ンキュー ありがとう
look ック 見る
album ウブム アルバム
apron イプロン エプロン
eraser イサー 消しゴム
notebook ートブック ノート
bag ッグ かばん

「what」を使った疑問文と答え方の練習問題

1.疑問文に書きかえなさい。

① This is a map.

② That is a door.

③ That is a curtain.

④ This is an umbrella.

2.日本文に合う英文を書きなさい。

①あれは何ですか。 ― 消しゴムです。

②これは何ですか。 ― エプロンです。

③それは太郎からです。

④あれは何ですか。 ― ノートです。

⑤これは何ですか。 ― かばんです。




練習問題の回答

1.疑問文に書きかえなさい。

Is this a map?

Is that a door?

Is that a curtain?

Is this an umbrella?

2.日本文に合う英文を書きなさい。

① What’s that? ― It’s an eraser.

② What’s this? ― It’s an apron.

③ It’s from Taro.

④ What’s that? ― It’s a notebook.

⑤ What’s this? ― It’s a bag.

【期間限定】マミーの無料添削やってます!

マミーの無料添削とアドバイスをご希望の方は、お問合せのページからお名前とメールアドレスをご記入のうえ、題名に「無料添削希望」と記入して送信してくださいね。

送信いただいた方には、無料添削の方法をメールでお知らせいたします。

テストの点数が伸び悩んでいる人は、自己採点ではなく、無料添削でチェックしてもらうと一気に成績が上がりやすくなりますのでおすすめです。

今回のレッスンは以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
336×280




336×280




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280