マミーの気ままに実践英語
これって英語でなんて言う?の疑問に気ままに答えちゃうマミーのブログ
恋人同士 呼び方

英語で恋人の呼び方&愛を囁く恋人同士の日常会話はこれ!

 

 

英語を話せるようになる一番手っ取り早い方法は、英語を話す外国人の彼氏や彼女を作ることだと言われています。

 

今回は、英語で恋人同士の呼び方や、恋人同士の英語での日常会話をご紹介します。

英語で恋人同士の呼び方はいっぱい!

~男性女性関係なく使える呼び方~

 

『ダーリンは外国人』という本がベストセラーになりましたが覚えてますか?この本のタイトルでも使われているように「ダーリン」は英語での恋人の呼び方の王道です。

 

英語では、「darling」ーリン)や「honey」ニー)以外の、日本人が知らない恋人同士の違った呼び方がたくさんありますので、ぜひ、覚えて使ってみてくださいね。

 

ここでご紹介する恋人同士の呼び方は、あくまでも恋人同士で使う英語の呼び方ですので、間違っても彼氏や彼女以外の人に「My darling」イ ーリン)と使ってしまうと、「私の愛しい人」と呼びかけることになって気があると勘違いされてしまいますので気をつけてくださいね!笑

 

まずは日本人にも使いやすくて馴染みのある呼び方から。

 

Darling

ーリン

 

英語の恋人の呼び方の王道はやっぱり「darling」ーリン)ですよね。男女どちらにもよく使われる恋人の呼び方です。

 

英語では日本語と違い、相手のことを「姓」ではなく「名」で呼ぶのが一般的ですが、恋人同士の場合、ニックネームを付けて呼び合うこともあります。

 

例えば、私の友達はパートナーのことをブラックバードと呼んでいます。理由は、彼がビートルズの大ファンで、中でも『ブラックバード』という曲が大好きだからだそうです。

 

Honey(Hon / Hun)

ニー(ン)

 

「honey」ニー)は「はちみつ」という意味ですが、甘くておいしいものを連想させるからか、「愛しい人」という意味で男女ともにネイティブがよく使う恋人の呼び方です。

 

「honey」を省略して「hon」ン)と呼ぶこともあります。

 

英語ではアルファベットの「o」の発音が「∧」(ア)になる単語を省略するときには、スペルが「o」⇒「u」に変わることがよくあります。

 

なので、「hon」だけでなく、「hun」と表記されることもあります。

 

一番身近な例でいうと、「お母さん」は英語で「mother」ザー)ですが、「mother」の省略形は「mom」ム)といいますが、その発音から「mum」と表記することもあります。

 

海外ドラマや映画では、仕事から帰宅した旦那さんにお帰りなさいの意味で「Hi, hun!」と声をかける場面もよくあったりしますので、今度、よく聞いてみてくださいね。



Sweetheart(Sweetie)

ウィートハート(スウィーティー)

 

愛しているよ~という気持ちを伝えたいときによく使う恋人同士の呼び方です。

 

「sweetie」ウィーティー)は、「sweetheart」ウィートハート)を崩した呼び方です。

 

「sweetie」「sweetheart」はどちらも恋人同士の呼び方で、あくまでも、恋人同士がお互いの間で使います。

 

Baby(Babe)

イビー(イブ)

 

「baby」イビー)は「赤ちゃん」という意味ですが、赤ちゃんの可愛いらしさや愛しさから、恋人同士で恋人を呼ぶときにもよく使われる呼び方です。

 

ただ、この呼び方は比較的若い10~20代がよく使う呼び方で、30代以降の恋人同士には使われない呼び方です。

 

イギリスのある新聞記事によると、イギリス人女性が「ベイビー」と呼ばれるのはあまり好きでなないという統計が出ているようですが、どちらかというとアメリカの10代の恋人同士が使う呼び方です。

 

「babe」イブ)は、「baby」イビー)を崩した呼び方です。

 

Love(Luv)

ヴ(ヴ)






「love」ヴ)は、「愛」という意味で日本人にもよく知られていますが、恋人を呼ぶときに使います。

 

「luv」ヴ)は、「love」の省略形です。「o」の発音が「u」と同じなので、省略したときに「o」⇒「u」と表記して「luv」と表記されることがあります。発音は同じです。

 

イギリス、オーストラリア、ニュージーランド等では、「love」は恋人同士の呼び方だけではなく、知らない人に声をかけるときに「ねぇ、ちょっとそこの君」的なニュアンスで使うこともあります。

 

例えば、「Excuse me, luv!」(エクスキューズ ミ― ヴ)と言ったりします。

 

日常的に「love」という言葉が使われていてカジュアルに若い人たちに浸透しているスラングです。年配の方はまず使いません。

 

恋人同士でなくても、イギリスやオーストラリアでは、文末に入れて使います。

 

例文

How is everything going today, love?

ウ ズ ヴリシング ーイング 

ねぇ、今日の調子はどう?

 

Dear

ディ

 

中学校の英語の授業で「dear」ディア)を習った記憶があると思います。

 

手紙を書くときに名前の前に「Dear+名前」で「名前+へ」という意味だと習ったと思います。

 

手紙の書き出し以外にも「dear」は、特別の人というニュアンスを込めて、特に年配の人が使っています。

 

最近の若者は使いません。オールドファッション的な表現の仕方です。

 

例文

Hello dear!

ロー ディ

 

この場合の「dear」には、親しい人に対して使われるもので、特に恋人同士に限定されない呼び方です。

 

My precious

イ プシャス






「my precious」イ プシャス)は、大切な人を呼ぶときに恋人同士が使う呼び方です。

 

「precious」(プシャス)は、「貴重な」「重要な」という意味の形容詞ですが、人に対して使うと「可愛い」「大切な」という意味になります。

 

例文

You are my precious.

ユー アー マイ プレシャス

あなたは私の大切な人です。

 

「precious」の後ろに名詞をつけてもっと具体性を出しても大丈夫です。

 

例文

You are my precious one.

ー アー イ プシャス 

私にとって大切な人

※この「one」は「人」という意味です。

 

I have my precious lover.

イ ヴ イ プシャス ヴァー

私には大切な恋人がいます。

 

He is my precious partner.

ヒー ズ イ プシャス ートナー

彼は私の大切なパートナーです。

 

英語で恋人(男性)の呼び方 彼氏を英語で言うと?

 

男性の恋人のことを日本語では「彼氏」や「カレ」といいますが、英語では彼氏のことを「boyfriendーイフレンド)というのは知られていますが、英語には「彼氏」の呼び方が他にもたくさんあります。

 

そこで、女性のネイティブがよく使っている男性の恋人の呼び方をご紹介します。

 

Hubby 

ビー

 

「hubby」ビー)は、「夫」を意味する英語の名詞「husband」(ズバンド)の略語です。

 

真剣に結婚を考えて交際している彼に使う呼び名です。もちろん結婚してからでも使えます。ネイティブの女性がよく使う英語の恋人の呼び方です。

 

「hubby」は、他の呼び方と違って、恋人に対する呼びかけだけではなく、恋人以外に対して使うと、ちゃんと「私の彼氏」という意味で使えるので、恋人以外との会話で使ってもOKです。

 

例文

I’m going out with my hubby tonight.

イム ーイング ウト ウィズ イ ビー トゥイト

彼と今晩出かけるんだ。




Mr. Perfect

スター ーフェクトゥ

 

「perfect」ーフェクトゥ)は、「完璧な」という意味の形容詞です。

 

「perfect」の前に、男性の敬称「Mr.」スター)をつけて、「完璧な彼氏」といったニュアンスの呼び方になります。

 

同じように、「正しい」という意味の形容詞「right」(ライトゥ)を使って「Mr. Right」スター ライトゥ)という呼び方もあります。意味は同じで、「お似合いの彼氏」といったニュアンスになります。

 

例文

When will you introduce your Mr. Perfect?

ウェン ウィル ユー イントロデュース ア スター ーフェクト

いつあなたの彼氏を紹介してくれるの?

 

Handsome(彼氏に対する呼びかけのみ)

ンサム

 

彼氏が呼ばれて嬉しい愛称はやっぱりこれ!「handsome」ンサム)は、「かっこいい」という意味です。

 

例文

Hey handsome, would you like to go to the movie tonight?

イ ンサム ジュ― イク トゥ ゴー トゥ ザ ーヴィー トゥイト

(彼氏に対して)ねぇ、今夜映画観に行かない?

 

「handsome」は、あくまでも恋人同士で彼女が彼氏に対して使う呼び方です。

 

恋人以外の人に対して、「My handsome…」と言うと、「ねぇ、私のかっこいい彼氏…」と呼びかけることになって気があると勘違いされますので、恋人以外には使わないように気をつけてくださいね。

 

Stud(彼氏に対する呼びかけのみ)

ッド

 

「stud」(スッド)は、ネイティブの使うスラングで意味は「イケメン」「色男」という意味です。

 

「stud」の元々の意味は「種馬」です。スラングで彼氏のことを意味する恋人の呼び方としても使われています。

 

例文

Hi Stud, I miss you. Can I see you this weekend?

イ スッド イ ス ユー キャナイ シー ユー ジィス ウィーケンド

(彼氏に対して)ねぇ、会えなくて寂しい。今週末会える?

 

可愛い彼女にこんな風に声かけられると彼氏はとっても嬉しいと思います笑



英語で恋人(女性)の呼び方 彼女を英語で言うと?

 

女性の恋人のことを日本語では「彼女」といいますが、英語では彼女のことを「girlfriend」ールフレンド)というのは知られていますが、英語には「彼女」の呼び方が他にもたくさんあります。

 

そこで、男性のネイティブがよく使っている女性の恋人の呼び方をご紹介します。

 

Wifey

イフィー

 

「wifey」イフィー)は「hubby」の女性版です。

 

真剣に結婚を考えて交際している彼女に使う呼び名です。もちろん結婚してからでも使えます。ネイティブの男性がよく使う英語の恋人の呼び方です。

 

「wifey」は、他の呼び方と違って、恋人に対する呼びかけだけではなく、恋人以外に対して使うと、ちゃんと「僕の彼女」という意味で使えるので、恋人以外との会話で使ってもOKです。

 

例文

Is that your wifey?

ズ ットゥ ア ワイフィー

あれが君の彼女?

 

Gorgeous(彼女に対する呼びかけのみ)

ージャス

 

「gorgeous」ージャス)は、日本語でも「豪華な」という意味で使われますが、英語では「とても美しい」「見事な」という意味もあります。

 

日本人の私は「ゴージャス」なんて呼びかけられたら、何だかゴマをすられているような気持ちになって、これからとんでもないお願いごとをされるんじゃないかとソワソワしてしまいます笑

 

でも、全然そんなことはなく、ネイティブの男性は非常によく気軽に「gorgeous」を使います。

 

例文

What’s wrong, gorgeous?

ッツ ング ージャス

ねぇ、どうしたんだい?




Beautiful (彼女に対する呼びかけのみ)

ビューティフル

 

「beautiful」ビューティフル)は、「美しい」という意味の形容詞ですが、愛する恋人の呼び方でよく使われる表現のひとつです。

 

「beautiful」ぐらいなら、私でもソワソワせずにいられそうです笑

 

例文

Good morning beautiful, have some breakfast.

ッド ーニング ビューティフル ヴ ム ブクファストゥ

おはよう、朝食をどうぞ。

 

Princess(彼女に対する呼びかけのみ)

ンセス

 

「princess」(プンセス)は「お姫様」という意味ですが、特に愛情を表現したいときに使われる恋人の呼び方の定番ですね。

 

Hi princess, I had a great time with you.

イ プンセス イ ッド ア グイト イム ウィズ ユー

とても良い時間を過ごせたよ。

 

Angel(彼女に対する呼びかけのみ)

エインジェル






「angel」エインジェル)は、「天使」という意味の英語なのはご存じのとおりです。

 

ネイティブの男性が彼女を表現するときに、理想の人に会えた!と思っているときなどによく使う恋人の呼び方です。こちらも定番中の定番ですね。

 

この恋人の呼び方でラヴラヴの真っ最中なのがらわかりますよね。

 

他にも、英語では甘い物を「sweets」といいますが、彼女を甘い食べ物にたとえた呼び方も色々ありもします。

 

  • Cookieッキー): クッキーの甘くて美味しいイメージを彼女に例えて使っています。

 

  • Cupcakeップケイク): カップケーキは特にいろんなデコレーションがあってかわいらしく甘くて美味しいっていうイメージから使われます。

 

  • Sugarシュガー): お砂糖はとっても甘いですものね。

 

なんでも甘いものであれば彼女の呼び名に使ってしまうのが英語の面白いところです。

 

英語で日常会話 恋人同士が使うのはこのフレーズ!

 

 

外国人の彼氏や彼女ができたら、英語で甘い言葉を囁き合いたいですよね。

 

ネイティブがが使う恋人同士のフレーズを簡単にご紹介します。どれも映画や海外ドラマの恋人同士の日常会話としてよく登場するフレーズです。

 

まずは王道のフレーズから!

 

I love you.

イ ヴ ユー

君を愛してる。

 

I miss you.

イ ス ユー

君のことが恋しい。

 

I’ve been thinking about you.

イヴ ン ンキング アウトゥ ユー

君のことをずっと考えているよ。

 

I dig you.

イ ディグ ユー

君が大好きだよ。

※アメリカの若者がよく使うスラングで「I like you」(君が好きだ)と同じ意味です。「dig」は元々「掘る」「探り当てる」という意味です。穴を掘るほど、どんどん好きになるニュアンスが伝わってきますね。




I love you so much.

イ ヴ ユー ソー ッチ

君をとても愛しています。

 

We’re meant to be together.

ウィア ント トゥ ビー トゥ

私たちは一緒になる運命だったんだ。

※「be meant to be~」 (ビー ント トゥ ビー)は「~になる運命だ」という意味です。

 

I’m in love with you.

イム ン ヴ ウィズ ユー

君にぞっこんだ。

※「be in love with~」は「~に恋している」「~に心が奪われている」という意味です。「I love you」よりもっと強い想いを込めて愛しているよという表現です。

 

英語で恋人と会話 遠距離恋愛編

 

 

まず遠距離恋愛は英語で「long-distance relationship」ング ディスタンス リレイションシップ)といいます。直訳すると、「遠距離の(long-distance)」「関係(relationship)」です。

 

遠距離恋愛をされた経験がある方はたくさんいると思います。日本人同士でさえ難しいですが相手が外国人であればあるほどさらに関係を続けることは難しくなってきます。相手に伝える愛情表現で関係性も変わってきますよね。

 

そこでこんなニュアンスと伝えればいいのではないのかなと思うお勧めのフレーズをご紹介します。

 

まずは遠距離恋愛をしていることを表現するフレーズから!

 

「遠距離恋愛をしている」を英語で言うと?

 

I’m in a long-distance relationship with my girlfriend.

イム ン ア ング ディスタンス リレイションシップ ウィズ イ ールフレンド

彼女と遠距離恋愛中です。

 

We’re doing a long-distance relationship at the moment.

ウィア ドゥイング ア ング ディスタンス リレイションシップ ットゥ ザ ーメントゥ

私たちは今遠距離恋愛中です。




遠距離恋愛中の恋人同士が会話で使うフレーズ

 

Just know that one day this distance won’t be here. 

ジャスト ウ ットゥ ン イ ス ディスタンス ウォントゥ ビー 

遠距離がずっと続くわけじゃないことを分かっていて。

※直訳すると「この距離がいつかなくなることを分かっていて」という意味です。

 

I am all yours forever.

イム ール アーズ フォーヴァー

私(僕)は永遠に君のものだ。

 

I save my love only for you.

イ イヴ イ ヴ ウンリー フォー ユー

私(僕)の愛は君のためだけに取っておく。

 

私も何度か経験のある遠距離恋愛。彼、彼女がそばにいないのは本当に辛いですよね。不安が付きまとう毎日だと思います。

 

でも、一番大切なのがNegativeな表現を口にしないこと。いつもポジション シンキングです。そして出来るのであれば早く側に入れるように行動すること!応援しています。

 

英語で恋人への挨拶はどう言うの?

 

 

日本人は「好きだ」とか「愛してる」なんて恥ずかしくて中々口にしませんが、外国人は毎日の日常会話で、日々、愛の言葉を恋人に伝えます。

 

英語で恋人に毎回なんて言ったらいいのか?いい関係を保つにはやはり愛情表現が一番大切です。

 

まずは何気ない日々の挨拶から!

 

外国人は毎日の挨拶でも恋人に愛を伝えています。熱心ですよね笑



英語で恋人に挨拶

 

Good morning, sweetheart.

ッドゥ ーニング スウィートハート

愛しい人、おはよう。

これは朝の挨拶として定番ですね。

 

Love you always.

ヴ ユー ールウェイズ

いつも愛してる。

 

このフレーズを言われると安心してほっこりしますよね。

 

Glad that I have you in my life.

ッドゥ ットゥ イ ヴ ユー ン イ イフ

私(僕)の人生に君がいてくれて嬉しい。

 

You are my sunshine.

ユー アー イ ンシャイン

君は私(僕)の太陽だ。

 

You are amazing.

ユー アー アイジング

君は素晴らしい。

 

などいろんなフレーズがあります。

 

一番大切なのは何でもいいので相手に自分の想いを伝えることを習慣にすることです。

 

朝の挨拶 恋人に英語でどう言う?

 

Good morning my darling, did you have a good sleep?

ッドゥ ーニング イ ーリン ディジュ― ヴ ア ッドゥ スープ

おはよう愛しい人、よく眠れた?

 

Yes honey!  I had a very good sleep.

エス ニー イ ッドゥ ア ヴェリー ッドゥ スープ

ええ(ああ)。とてもよく眠れた。

 

こんな感じで、毎日メッセージのやり取りをネイティブはしています。今までご紹介してきた単語を使って毎日表現の仕方を変えるのもいいと思います。



新年の挨拶を英語で 恋人にメッセージを送ろう

 

 

日本では新年はお正月のイベントとして家族と過ごすのが一般的ですが、英語圏では友達や恋人と一緒に過ごすのが一般的です。

 

ということで、恋人に送る英語での新年のメッセージをご紹介します。

 

To my sweet lover, happy New Year wishes and greetings for you.

私の愛する人へ、新年の挨拶と幸運のメッセージを送ります。

 

「sweet lover」(スウィート ヴァ―)は、「愛しい人」という意味です。

 

「wishes」ウィッシィーズ)は、「願い」「望み」という意味ですが、縁起の良いことなので複数形で使います。

 

「greetings」(グーティングズ)は、「挨拶」という意味です。こちらもお目出たい挨拶なので複数形で使います。

 

I’m happy to be yours in 2020.  Happy New Year!

2020年を君と一緒にいられて嬉しい。あけましておめでとう!

 

「I’m happy to be yours」は「私(僕)は君のもの」という意味で、良い関係でいられて幸せですという気持ちを表現しています。

 

For a dear lover, wishing you happy New Year with love.

親愛なる恋人へ、愛をこめて君の新年の幸運を祈っています。

 

もう今年もあと何か月でしょうか?海外へクリスマスプレゼントを贈る用意もそろそろですね。メッセージを伝えるときに使っていただけると嬉しいです。

 

英語で恋人へ送る素敵な誕生日メッセージはこれ!

 






英語圏では恋人の誕生日は必ず一緒に過ごすというのが基本です。家族ももちろんその場にいて一緒にお祝いしたいので誕生日パーティーが自宅で行われるか、もしくはランチやディナーをみんなでレストランに行って共に時間を過ごすのが一般的です。

 

家族以外にもベストフレンドやその家族まで招待して盛大にお祝いをすることもあります。日本のように恋人同士だけで誕生日を祝うというのは余りありません。

 

誕生日会に招待されたときは、必ず誕生日カードとプレゼントを用意していきましょう。初めての誕生日会であればちょっと緊張しますね。

 

恋人にハグしてほっぺにキスをして他の人に聞こえないように「お誕生日おめでとう!」というのが英語圏流です。

 

そんなときにぜひ使いたいおすすめのフレーズはこれです!

 

Happy birthday, my love!

大好きな君へ、お誕生日おめでとう!

 

Happy birthday, my prince/princess!

お誕生日おめでとう!

 

Sending you tons of love and hugs on your birthday!

君の誕生日にいっぱいの愛とハグを!

 

Happy birthday to the best boyfriend/girlfriend.

最高の恋人へ、お誕生日おめでとう。

 

英語で恋人へ送る素敵なクリスマスメッセージはこれ!

 

 

英語圏では、クリスマスも誕生日と同じように家族と過ごします。

 

恋人の家族にそれぞれランチとディナーに招待されお腹一杯になって何も食べれなくなるのがクリスマス。

 

恋人の家族にランチやディナーに招待されたら、まずはプレゼントを渡して家族にそれぞれ挨拶をします。

 

日本人的にはクリスマスくらい彼、彼女だけにしてよ~!って思いますが笑、外国人の恋人の文化や習慣を受け入れてあげるのもひとつの愛の形ですよね。

 

スマホやクリスマスカードで、恋人とクリスマスメッセージの交換をするのがベスト。そこで恋人へ送るクリスマスメッセージのフレーズをご紹介します。



All I want for Christmas is you.

私(僕)がクリスマスに欲しいものは君だけ。

 

クリスマスといえばマライアキャリーですね。彼女の曲にも出てくるフレーズがこれです。

 

その他には

 

Merry Christmas, my prince/princess!

メリークリスマス、私の王子様/お姫様!

 

Merry Christmas, my love.

メリークリスマス、私の恋人。

 

Merry Christmas wishes to a special girl/man, who I love.

私の愛する特別なあなたへ メリークリスマス

関係代名詞「who」の前に必ずコンマをつけてください!!コンマを忘れると、特別な人が何人もいることになって大切なクリスマスに恋人と大ゲンカすることになっちゃうかもですので…。

 

Christmas is always so special because we spend it together.

Happy Christmas, baby.

君と一緒に過ごせるからクリスマスはいつだってとても特別。ハッピークリスマス、愛しい人。

 

いかがでしたか?

 

英語は日本語と違って、恋人の呼び方や恋人同士の呼び方が色々あるだけでなく、日々、恋人に想いや愛を伝えるので、恋人同士の日常会話や挨拶にも色々あフレーズがあります。

 

あなたも素敵なネイティブの彼、彼女がみつかったらぜひ、使ってみてくださいね!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!!